1:2018/12/27(木)08:34:07.71ID:vArISRNn0.net
秦郁彦氏「歴史の専門家に読まれる本とは思えない」

現代史家の秦郁彦氏は「日本国紀」を読んだ感想として、取材に対し「約2000年の日本の歴史を1人で書こうという意思を持つ人はほとんどいなかったのではないか。
その点で意表を突いた一冊」と話す。

「注がなく、批判のしようがない。歴史の専門家に読まれる本とは思いません。注をつけなくていいという認識が、今後の日本史に関する書籍に影響を与える可能性はありますね」

一方、内容についてはこう見る。

「日本国紀」は、戦後の日本人がGHQによる「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」
と呼ばれる宣伝計画によって戦争への罪悪感を植えつけられたため「日本人の精神は粉々にされた」「そのため改憲できなかった」と記す。

「WGIPに言及した部分は元々、江藤淳が提唱したものです。そこから取ったのでしょうが、
これまで広がらなかったのは、その論に説得力がなかったから。WGIPがそこまで大それたものだったかという点で疑問があります。
現状に対する不満を米国の『マインドコントロール』のせいにしているように見えます」

売り上げ好調 百田氏「日本国紀」に「コピペ」騒動 専門家の評価は?
元スレ:2ch.sc
RSS おすすめ記事

7:2018/12/27(木)08:37:48.68ID:j3pBmG3md.net
秦郁彦は半日!!!!!
8:2018/12/27(木)08:38:31.61ID:fvoE6xtta.net
よくわからんが誇りを取り戻せるんだ
21:2018/12/27(木)08:42:48.61ID:cw6NeJ7fa.net
改憲できなかったのは、軍部がやらかしすぎたせいやん
憲法9条は日本軍から日本人を守るためにあるんや
23:2018/12/27(木)08:43:19.32ID:GMpy2S1Pa.net
近年の秦にしてはまともなこと
言ってる。WGIPでいちいち江藤の
名前を挙げてるのを見ると
やっぱ江藤嫌いなんだろうな。
27:2018/12/27(木)08:44:41.65ID:jOQ1juxx0.net
これを専門書って呼んだら歴クラブチギレそう
28:2018/12/27(木)08:44:50.94ID:bGplVIfj0.net
最初からそんなの分かってるやつは言われんでも分かるし
分かってないやつは言っても分からんでしょ
30:2018/12/27(木)08:45:28.74ID:T2OlG5zk0.net
引用元を自分で探して楽しむ新しいコンテンツだというのに
44:2018/12/27(木)08:50:14.30ID:mNpj2L5Bp.net
アメリカに洗脳されてると言う割には米軍基地に文句言わない百田尚樹さん
46:2018/12/27(木)08:51:52.60ID:HpGIryv0.net
非常にしつこい方になる日も近いなこりゃ
57:2018/12/27(木)08:56:23.48ID:ZC8SyjcMa.net
WGIPによって日本人全体がマインドコントロールされたっていうのは極論だとしても、GHQによる情報操作やその影響が全く無かったというのもまた極論ではないかね
59:2018/12/27(木)08:58:26.69ID:C8K1Wzh2M.net
もう一度教科書で学ぶ系の本は書いているの一人じゃないのかな
61:2018/12/27(木)08:58:41.81ID:yx5MxI4T0.net
日本人は改憲できなかったんじゃなくて自分たちで平和憲法を選んだんだよ
手塚治虫が「もう二度と武器は持つまい」と
しっかり書いてるだろう
62:2018/12/27(木)08:58:49.90ID:cbpbiddSp.net
神棚に飾ってた馬鹿どもどうすんの?
別に何も、特に何もの悲劇をまた繰り返すのか?
81:2018/12/27(木)09:12:29.29ID:jnCqhDz30.net
そもそも殉愛の作者が書いた本だろ?
90:2018/12/27(木)09:18:05.36ID:zRlb2Roa0.net
まあ影響受けた人たちもそういうものの見方をGHQにそれを適用することに対しては妄想の類と片付けてることが多いけど
柄谷行人からの孫引きだろうけど東浩紀も間違いなく影響受けてる
115:2018/12/27(木)09:57:30.01ID:GO9DC2om0.net
よく秦郁彦に話聞こうと思ったな
117:2018/12/27(木)10:00:20.99ID:l7QD9kiia.net
苦言で済ますなよ
明確に批判しないと百田には伝わらないぞ
124:2018/12/27(木)10:12:13.31ID:ITL4slMN0.net
マジな歴史書をあんな短期間で書けるわけないよな
史料の裏取り徹底しないといけないからさ
歴史学なめすぎ
127:2018/12/27(木)10:15:59.11ID:1XwoowIK.net
一次資料が正確とは限らない
同時代の証言、どころかほぼリアルタイムに書き留められたものでも
彼らが正確な把握を持っていたかは分からない
そんな沼だからな
132:2018/12/27(木)10:20:00.67ID:rzLKMQK0.net
学者はちゃんと批判しろ
134:2018/12/27(木)10:22:14.88ID:mZDotMJHM.net
引用元ないのかよw
どんな本やねん
135:2018/12/27(木)10:22:17.64ID:hghswR6Ia.net
保守派である以上は同サイドやからな
こら困りましたね〜
138:2018/12/27(木)10:24:58.86ID:c7v9CT00.net
アマチュア愛好家が不正確な歴史書を出すのはよくあることなんだから騒ぐことじゃないだろう。
騒げばむしろ百田を利することになる。
149:2018/12/27(木)10:49:16.94ID:4BfLergW0.net
よく全部読めたな
あたまおかしなるで
150:2018/12/27(木)10:49:37.39ID:sxlz3BLFp.net
百田の公開ヘンズリ見せられてるだけだろ
こんなもん不燃物で捨てればいいのよ
151:2018/12/27(木)10:50:38.63ID:6jv0ksVd0.net
ジャンル的にはMMRとかムーとかと同じ「な、なんだってー!」を楽しむ本だから批判のしようがないという
173:2018/12/27(木)11:38:32.64ID:Eo65j01r0.net
引用元を探す推理小説だぞ
185:2018/12/27(木)12:14:08.79ID:RzgHIJQd.net
歴史の専門家は今まで何をしていた?
そもそも過去のものが正しいという保証は?
198:2018/12/27(木)12:32:47.23ID:IVW5gLl0.net
は?批判のしようしかないだろ。
かばってんじゃねーぞ。