1:2019/04/13(土)21:20:11.22ID:q4SY7fbTa.net
元号考案の有力者、令和を解説 自身の関与については… [令和]:朝日新聞デジタル
新元号を考案したと有力視されている国文学者の中西進さん(89)が12日、東京都内で開いた
市民講座で「令和」について解説した。

自身が考案者かどうかは明言しなかったが、
「辞書には『令は善なり』と書いてある。令と言えば善いことだ。こんなにすばらしい字はない」と話した。

この日は
「元号について一国民として話す」として、約1時間半すべてを新元号の話にあてた。

「令和」の典拠である万葉集の梅花の歌の序文は、中国の詩文集「文選」の
「帰田賦」の影響があるとの指摘がある。

この点について中西さんは
「令月」は帰田賦では2月の意味だが、万葉集では1月の意味で使われているとし、
「和」の使われ方も違うとして「同じものだと考えるのは理解できない」と強調。

自身が考案者であるかどうかについては「たまたま同じ名前の人が考案したかのごとく言われているが、
たぶん今ここに座っている人間とは違う」とけむに巻いた。

元スレ:2ch.sc
RSS おすすめ記事

3:2019/04/13(土)21:22:17.28ID:2bDEmwsS0.net
冷たい感じだし良くない元号だよな
気持ち悪い
5:2019/04/13(土)21:23:41.74ID:ccub4BoaM.net
考案者じゃない設定忘れて反論か?
考案者じゃないと分からんだろ?
6:2019/04/13(土)21:24:29.22ID:F567JZToa.net
漢字を説明するのに命令の令が一番わかりやすいだろ
8:2019/04/13(土)21:25:36.02ID:qxc2eyKN0.net
なんでこんな下手な弁明をするのか分からん
9:2019/04/13(土)21:26:27.18ID:NTptMtZ0.net
>たぶん今ここに座っている人間とは違う
ちょっとおもしろい
10:2019/04/13(土)21:27:03.95ID:iyqBnPSR0.net
勘違いを正しい意味にしていくスタイルは嫌いじゃない
11:2019/04/13(土)21:28:13.89ID:o1sToLyL0.net
まあ文脈が違えば意味も違うというのは
フレーゲの文脈原理からしても同じだし
本歌取りと思えばそれはそれで良いだろう
14:2019/04/13(土)21:32:26.94ID:nhWSRo020.net
同じじゃないって言うけど作者は文選を参考にしてるでしょ
17:2019/04/13(土)21:34:02.69ID:x31asV16M.net
一般人は命令以外に意味が思い浮かばないよな
28:2019/04/13(土)21:57:18.77ID:EVA06WlP0.net
発音はクールで悪くないと思うけど、漢字としては法令とか戒厳令とかの令だよな
31:2019/04/13(土)22:00:19.05ID:OuK8so470.net
発案者を明かさないっていう手法がこれほど形骸化するとは思わなかったな
完全に確定状態じゃん
32:2019/04/13(土)22:05:25.89ID:jr6ivDK0.net
契沖のこと知らないわけでもあるまい
34:2019/04/13(土)22:06:26.12ID:GvDZmQEQ0.net
辞書で一番上に命令って出てくるんだから
命令を連想するのはいたって普通の感覚
よいなんて下の方にちょろっと書いてあるだけだから
知らなくても普通の事
でもま、覚えたな
35:2019/04/13(土)22:07:16.82ID:xEz5RWhx.net
単純に考えて、自身や家族の存在にかかわる程の圧力がかけられた、って考えるのが自然だな
41:2019/04/13(土)22:23:03.28ID:L5ER1Usr0.net
元からこいつの訳文はおかしいと指摘されてたが
中西も晩節を汚したな
42:2019/04/13(土)22:26:32.76ID:hUdor0p0.net
音読みの時点で大和言葉じゃないのに大和言葉って言ってるテレビまであったからなあ
もうなんでもアリじゃね、理論も識者も馬鹿なほうが強い時代。
44:2019/04/13(土)22:29:50.45ID:GvDZmQEQ0.net
どんな反論しても命令のイメージは拭えないし
上から目線で反論はよくなかったな
こういう使い方もあるんでよろしかったらどうぞ
くらいで良かったのに
47:2019/04/13(土)22:33:44.56ID:iDxWgeHF0.net
どんだけ文句言おうが
この爺さんの方が詳しいんだろ?
50:2019/04/13(土)22:35:49.71ID:CDiqKw0.net
そら書のタイトル違うんだから同じ文章じゃないわよ
でも同様の意味でしょ?
57:2019/04/13(土)22:42:44.71ID:ArREkkut0.net
結局そういう解釈があるとしか言いようがないんじゃ
命令の令って解釈されても仕方ないとして諦めろよ
61:2019/04/13(土)22:45:25.74ID:qxc2eyKN0.net
神の命令は善いもの

「下級の者が上官の命令を承ること、実は直ちに朕が命令を承ることと心得よ」
63:2019/04/13(土)22:50:02.86ID:WH1jMo620.net
こう言わないと令和されちゃうんでしょ
64:2019/04/13(土)22:50:39.31ID:cQlkaI7Q0.net
反論するほどの話じゃない
70:2019/04/13(土)22:56:17.59ID:hIcmjFn0.net
安陪一味はコレ真に受けそう
77:2019/04/13(土)23:10:06.43ID:lxkGoKdo0.net
万葉集全20巻のなかでわざわざ5巻の旅人の序句もって来る
専門家ならなおさら知らないわけがないからな
しかもこれ作者は差し戻されて再提出させられてるから
83:2019/04/13(土)23:20:58.14ID:A9oEq3G0.net
真面目に言うと
もともと臣下が整然と服しててそれが美しいという意味だろ
だから姿が整ったり行儀のいい様子を表現する用にも使われる
86:2019/04/13(土)23:26:41.42ID:d0X3A3eH.net
令和発表翌日に翌日「なんも知らん」と言ってた中西さんがこう言わざるを得ない状況に陥ってるんだよ
88:2019/04/13(土)23:29:59.17ID:VWHLNjdw0.net
何を言おうと最初に思いつくのが命令だから
屁理屈こねても変わらねーから
89:2019/04/13(土)23:49:23.94ID:fUsDK6Z0.net
つまり令は麗や玲の略字だと言いたいようだがよっぽど都合が悪いようだな。
94:2019/04/14(日)00:09:37.64ID:6Ux4z8Ww0.net
典型的な独りよがりの学者だな
命名者がどういう思いを込めたかより、それを聞いた一般人がどう思うかの方が大事に決まってるだろ
97:2019/04/14(日)00:28:52.64ID:9kljo1CH0.net
ほとんどの日本人の中学1年生が見ただけで調べなくても
意味が判る字でないと不適当
典拠を持ちだしたり漢和辞典を調べてやっと意味が通る
なんていう文字は使うべきでない
99:2019/04/14(日)00:53:32.52ID:UsCk71OL0.net
れいWAとかやっぱダサ過ぎw
102:2019/04/14(日)01:18:20.60ID:QoKVrLtl0.net
ケチつけた連中も中西進みたいな大学者によく喧嘩を売れたもんだな。よっぽど自信があるのか馬鹿なのか
103:2019/04/14(日)01:18:32.23ID:6e4ICrm0.net
辞書ってか字書な
記者に教養がないのか
104:2019/04/14(日)01:23:29.77ID:7us3mODu0.net
元号の考案者だと推定されてる本人が
「”令和”には問題がある」とか言ったら
あらゆる方面からボコボコに叩かれまくるだろ
そんなものを元号として提案したのか、と
105:2019/04/14(日)01:24:06.85ID:K8o0GVVT0.net
「詩に落梅の篇を紀す。古と今とそれ何そ異ならむ」
って最後の方に書いてあるんだから
漢籍を念頭に置いてるのは明らかなんだよなあ
107:2019/04/14(日)01:27:01.74ID:usRPYPLX0.net
考案者がどう考えようと、他がそう受け取るのが困難なら間違ってんだろ
108:2019/04/14(日)01:29:10.97ID:MhPHNuQ0.net
中西先生も騒がれてうっとおしいんだろうけど、
漢籍の影響ないとかでたらめ言っちゃダメだなあ。
112:2019/04/14(日)01:41:21.30ID:xJXqh4d0.net
アウアウのレスだけ拾ってみると…
113:2019/04/14(日)01:41:43.54ID:EPOMSVG0.net
広至の方が良かったな〜